超時間泥棒!『マリオメーカー2』を買ってみた

2019年6月28日に発売の任天堂Switch専用ソフト『マリオメーカー2』を購入しました。

『マリオメーカー』は、任天堂WiiUで1作目が発売され、大人から子供まで幅広い年齢層から人気を博したゲームソフトです。

マリオ自体が日本・海外を問わず人気のゲームですが、そのステージを自由に作れるという新しい遊び方が爆発的ヒットを呼びました。

 

また、よゐこの2人が公式実況動画をアップしているのも人気の一因となっています。

「よゐこの○○で○○生活」でお馴染みの大人気シリーズで、『マリオメーカー2』は「よゐこのマリオメーカーで職人生活」というタイトルの動画が公開されています。

よゐこの二人が面白おかしくゲームをプレイする様は微笑ましく、このゲームを知らない人でも楽しめるのでぜひ一度観てみてください。

 

で、本題ですが、今回はこの『マリオメーカー2』を購入してさっそく遊んでみたので、その感想を書いていこうと思います。

完全主観の感想なので、真に受けすぎないように、楽しんでいただければと思います。

『マリオメーカー2』とは?

『マリオメーカー』の概要

そもそも『マリオメーカー』とは何なのかというと、今までのマリオシリーズに登場した敵・ステージブロック・アイテムなどを組み合わせて、好きなステージを作ることが出来るゲームです。

また、そのように作ったステージをネットに公開したり、他の人が作ったステージをダウンロードしてきて遊んだりすることも出来ます。

ステージを作ってみたかったという人も、今までよりも難しいステージで遊びたかったという人も楽しめる、誰もが楽しく遊べるゲームです。

 

ファミコンやスーパーファミコン時代のマリオからWiiUのマリオまで、いくつかの時代のマリオを楽しめるのも『マリオメーカー』の特徴です。

ステージ作り・プレイともに、懐かしのFCマリオはもちろん、最新のWiiUマリオでも楽しむことが出来ます。

好きな時代のマリオで楽しむことが出来るのは嬉しいポイントです。

 

『マリオメーカー1』と『2』の相違点

ストーリーの追加

大きな相違点はストーリーの追加です。

1と2では一人プレイの楽しさが全く異なります。

2ではお城を改築するためのコイン集めをするため、任天堂のスタッフ達が作った様々なステージを攻略していくモードがあります。

 

ストーリー調で展開していき、挑むステージは徐々に難易度が上がります。

FCマリオのステージもあればWiiUマリオのステージもあり、どの世代のマリオでも挑むことになるため、自発的にはやらないステージや世代を楽しむことが出来ます。

ストーリーを攻略していきつつ、マリオの操作に慣れてきたら世界のステージに挑み、良いギミックを見つけたら自分のステージに組み込んでステージ作りに明け暮れるのも良いのではないでしょうか。

 

ストーリーモードをするかしないかは任意ですが、やって損はないので一度遊んでみると良いかもしれません。

 

坂道の追加

次に坂道が追加されたというものがあります。

 

マリオでは坂道を滑り降りつつ敵を一掃するという気持ちの良いアクションがあります。

しかし、これをするための坂道が『マリオメーカー1』には存在していませんでした。

今回『マリオメーカー2』でその坂道が追加されたため、その気持ちの良いアクションを再現することが出来ます。

 

坂道が追加されたことで、ステージ作りにもバリエーションが生まれ、増々ステージ作りが楽しくなること間違いなしです。

 

マリオ3Dランドのスキンが追加

『マリオメーカー2』ではマリオ3Dランドのスキンが追加されました。

 

マリオ3Dランドのスキンが追加されたことで「猫マリオ」「木登り」「画面奥からキラー」など、前作では出来なかったギミックをステージに組み込むことが出来ます。

前作とは違う敵・アイテム・ステージなどによって、出来ることが大幅に増えたのは嬉しいですね。

前作と同じではマンネリになってしまいますから。

 

ただ、やはり3Dマリオと2Dマリオでは、そもそもゲームの在り方から異なっているため、スキンのチェンジが出来ません。

FCマリオとWiiUマリオは同じ2Dマリオなので、スキンを変更してもステージに配置した物をそのまま維持しつつ切り替えが出来ます。

しかし、2Dマリオと3Dマリオを切り替えると配置物が全てリセットされてしまいます。

 

この点は残念かなと思いますが、仕方のないことなので妥協の範囲内です。

 

その他

その他にも「縦マップの追加」「強制スクロールのカスタマイズ」「夜の追加」など、様々な相違点が存在します。

いずれも『マリオメーカー1』の内容をパワーアップさせており、削られているわけではないので、ただただ楽しさがアップしただけです。

その点はさすが任天堂といったところでしょうか。

 

MEMO
発売後も続々大幅アップデートが重ねられています。

それにより初期の状態より出来ることが増えまくっています

 

『マリオメーカー2』の感想

『マリオメーカー2』は時間泥棒

『マリオメーカー2』をプレイしていてつくづく思うのは、とんでもない時間泥棒ゲームだということです。

ステージ作りに熱中していると2時間、3時間簡単に飛んで行ってしまいます。

 

ステージギミックが豊富なこともあり、一つ一つ試しているだけでどんどん時間が消費されていき、実際にステージで遊ぶ頃には十数時間飛んでいます。

ステージの内容を考え、良いギミックを思案し、試行錯誤を繰り返す。

自分で試してみると思っていた以上に簡単だったり、逆に難しかったりでやり直し。

 

そしてまた時間がなくなっていく……。

 

信じられないほどの速度で時間を奪われていきます。

やりすぎ厳禁とは思っていても、ついつい熱中してしまうんですよね。

 

世界のステージはやっぱりカオス

他人が作ったステージをダウンロードしてプレイしてみると、前作に続き、いや前作以上のカオスな空間が広がっていました。

まともなステージも多かったですが、明らかにクリア出来ないようなものや意味のわからないものが山のようにあります。

ステージ検索機能の強化で残念ステージとの遭遇率は下がりましたが、それでもやっぱりカオスなステージと遭遇します。

 

特にランダムでステージを呼び出すモードでは検索機能が使えないので、よりカオスなステージとの遭遇率が上がります。

あまりにも評価が低いステージは自動的に除ける機能も搭載してほしいものです。

 

完成度高めで言うことなし

『マリオメーカー2』は全体的に完成度高めです。

自由度が前作より大幅に強化されていますし、画面をタッチすることで操作できるため直感的なステージ作りを楽しめます。

また、ステージプレイ時もマリオの操作に不満を感じる点はそれほどありません。

 

ここを改善してほしいという点はすぐには思いつかないです。

しばらく遊んでいれば、そのうち気になる点は出てくると思いますが、少なくともまだまだ遊び始めの段階では不満はありません。

何より、一人で遊べるストーリーモード搭載なのが嬉しいです。

 

まとめ

個人的には『マリオメーカー2』は良作という評価です。

結構楽しむことが出来るゲームだと思います。

ステージ作りに飽きてしまうと少し辛いものがありますが……。

 

ステージ作りに飽きたら、カオスなステージ群に勝負を挑んでも良いかもしれませんね。

youtuberが取り組んでいるように、攻略に何時間も費やすのも一興かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です