ブログの手引き

本ブログは様々な装飾を利用しています。

例えばこんなのとか、こんなのとか、こんなのとか……。

 

また、以下のようなものも使っています。

  • こんなのとか
MEMO
こんなのとか
こんなのとか
◯◯
(3.5)
◯◯
(3.5)
◯◯
(3.5)
総合評価
(3.5)

 

どれがどういう意味なのか。

どういう思惑で使っているのか。

ブログ読者さん達が困惑しないよう一応解説しておこうと思います。

 

なお、この用法は最終更新時点であり、変わる場合もありますのであしからず。

 

見出し編

文章の中で出てくる見出しの数々。

そこで使っている言葉について簡単に説明していきます。

 

この記事はこんな人におすすめ

ブログの文章って「読んだ割には興味なかった」「求めていた内容ではなかった」ということも少なくないと思います。

私も他人のブログを読んでそう思うので、読者の皆さんも思っていることでしょう。

そこで事前にどういう人なら読んでも楽しめそうなのかをお知らせする見出しです。

 

レビュー系なら「〇〇な人」「〇〇に興味がある人」などのような書き方をしています。

結論自体は先に述べていませんが、読むかどうかの目安にはなるよう努めています。

 

ちなみに「〇〇な人におすすめ」はこのようなボックスを使って書いています。

  • 〇〇な人
  • △△の人
  • ××に興味がある人

 

簡易レビュー・詳細レビュー

「簡易レビュー」「詳細レビュー」の見出しは主にレビュー系の記事で用いています。

「簡易レビュー」は「☆5つ評価で何点か」・「プラス点」・「マイナス点」の3つで構成されています。

なんとなくそこで概要を掴んでもらえるようにしています。

 

「簡易レビュー」はこのようなボックスで「プラス点・マイナス点」を表記しています。

 

「詳細レビュー」は「外観」「機能性」など、部門別のレビューを記述しています。

それなりの文量のものもあれば、めちゃくちゃ短い者もあります。

 

まとめ

すべての記事に「まとめ」という見出しを載せています。

最悪記事を読まなくても「まとめ」さえ見れば薄~く把握できるようにしています。

時間のない方は「まとめ」だけ見るのもありです!

 

文字装飾編

文字にラインを引いたり、色を変えたり……。

このような文字装飾にも意味を持たせています。

 

太字

太字はこんなのです。

注目してほしいな~という部分に使っています。

例えば、レビューしている商品の商品名など「見落とさないで!」と思っているところを太字にしていますので、見落とさないように気を付けてください。

 

赤字

赤字はこんなのです。

基本的には太字とセットで使うことが多いです。

「絶対に見落とさないで!」という時に使います。

 

青アンダーライン

青アンダーラインはこんなのです。

とりあえず記事の中でも「ここだけ読めば概要を掴めるよ」という部分に使っています。

 

「まとめ」までは飛ばしたくないけど、全部読むのは面倒という方は青ラインだけ読んでください。

青ラインに興味を持ったらその青ラインが使われた項目を読んでみてください。

 

黄色アンダーライン

黄色アンダーラインはこんなのです。

主にお得情報を書いたときに使っています。

例えば「時々500円クーポンが発行されてるよ!」と書く時など。

 

複合型

これらの文字装飾は複合して使う時もあります。

例えば、こんなのこんなのです。

太字の赤字は「絶対読んで!」、青アンダーラインの太字は「概要把握のために絶対読んで!」という意味です。

 

ちなみに3つ複合型もあります。

主にこれです。

「見落としNG!超お得情報」という意味で使用しています。

 

その他編

その他にも様々なものを使っています。

そちらも紹介していきます。

 

評価ボックス

主にレビュー系の記事で使用するのが評価ボックスです。

◯◯の評価
◯◯
(3.5)
◯◯
(3.5)
◯◯
(3.5)
総合評価
(3.5)

5段階評価のボックスですが、0.5段刻みで評価しています。

評価は完全に独断と偏見で、評価項目もレビュー記事ごとに異なったりします。

また、項目別評価と総合評価のバランスが悪い時もあります。

 

評価は3が「普通、可もなく不可もなく」で基準値です。

評価1は「個人的にNG」

評価2は「もう一歩」

評価4は「個人的に好み」

評価5は「超おすすめ!」

みたいな感じで使い分けています。

 

ちなみに、評価0の時も稀にあります。

それは「言いにくいけど絶対ダメでしょ……」という意味です。

 

補足・注意ボックス

補足ボックスはこちらです。

MEMO
補足ボックスです

長々書くほどではないけど、一文だけでも言いたいと思った時に使います。

 

注意
注意ボックスです

基本は使いません。

ただ、「絶対に気を付けて!」「これだけは知っていて!」という時に使います。

 

まとめ

とりあえず一通り記述したつもりですが、漏れも多いと思います。

また、使用方法や解釈はたまに変わりますので、「何か違うくない?」と思ったらもう一度読みに来てください。